JBCF秋吉台カルストロードレース!!

こんにちは、引き続きジャーマネ2号です🦔

 

土曜日に引き続き、日曜日は美しい秋吉台のカルストロードでレースが行われました。

エリートは、カテゴリー分けせず3名から6名のチーム戦です。

 

ケルメスからは、登りが得意な3人、

木原、坂川、富永が参戦!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタート前の木原

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタート前の富永

※坂川はスタート位置が遠く写真撮れず。ごめんなさい。

 

約29kmのアップダウンのあるコースを2周します。しかも最後の登りはカルストベルグとよばれる激坂です!!

歩いても登るのが大変😱

 

一周目を終えた時点で5名の逃げが決まり、約1分離れメイン集団の中に木原、坂川が位置します。

 

トミーは、足切りギリギリで2周目に突入!

これも逆にきつい😭

 

一周約50分かかるので、一度通り過ぎるとなかなか帰ってきません。笑。

スタートフィニッシュ地点でジャーマネズはあーだこーだいいながら待機します。

そして、一周目の逃げがそのまま決まり、先頭の5名がバラバラとゴール。

 

すごいねーと感心していると、

なんと木原がメイン集団の中ではトップの6位でゴール!!

久々に清々しい木原を見れてよかった!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

坂川も10位でゴール!!

2人ともすばらしい!!

でも2人ともまだまだです、と前向きな発言。

いやー、ロードレースっていいですね。

木原は、「最後が登りだと楽ですわ」と登りが得意な人しか言えない謎の発言。笑。

ひぇーっ。あんな激坂、楽なわけないやん。笑。

そしてトミーは一周通過後、長者が森のあたりで回収され、DNF。

メカトラまではいきませんが、下りで自転車がガタガタいって、ゆっくりしかくだれなかったとか。1周目できられると思ったのに…。とのことでした。

 

3人ともこのきついレース、おつかれさまでした!!

 

そしてエリートの後はJプロ最終戦!!

個人総合を争うオールイス選手と岡選手!

そしてチーム総合を争うマトリックスとブリヂストン!!

の戦いです。

序盤からなかなか逃げが決まらず、決まったと思っても吸収されるのを繰り返します。

プロはこのきついコースを5周するんです、まさに変態!!笑。

最終周のカルストベルグに入るまで逃げが決まらず、あーだこーだあったのち、マトリックスのマンセボが抜け出し、それにオールイスと岡もついていきます!!

なんと、個人総合を狙う2人の戦い!!

最終的にオールイスが勝利し、個人総合を獲得!チーム総合もマトリックスが獲得したのですが、いやー、ほんと感動です。

DB9C2CCA-473F-4DD3-8C99-35406135619D

ロードレースはドラマですね😭

みなさん感動をありがとう!

 

ヴィクトワールも過去最高の5位でシーズンを終えました。いやー、すばらしい!!

 

エリートは来週も山口2連戦です。

引き続き応援よろしくお願いします!!