機材紹介part3

皆さん冬本番の中いかがお過ごしでしょうか⁉私マネージャー2号はこの気温差にやられ腰が爆発しそうです(ノД`)・゜・。

さて今回は機材紹介part3として坂井さん、西岡さんのレース機材をみていきます❗❗

西岡さん

1.フレーム:GIANT TCR ADVANCED SL 2016年

2.コンポーネント:ULTEGRA

3.ホイール:GIANT SLR1

4.お気に入りポイント: レース中、何処にいても分かってもらえそうなフレームカラーとラウンドハンドル。

15824409_1235278599859711_785340604_o

〈マネージャー雑感〉

西岡さんのマシンは世界最大のバイクブランドジャイアントのTCRです❗ジャイアントといえば、今では当たり前になったスローピングフレームを世界に先駆けて発表しています✨西岡さんのパンチ力を十分に受け止められる剛性もありながら軽量で,且つお手頃とレーサーに優しいバイクですね(笑)そして西岡さん自身も言われているようにパッと目を引くカラーも新鮮ですね❗

坂井さん

1.フレーム:GIANT TCR ADVANCED PRO 2017(M)

2.コンポ:SHIMANO ULTEGRA 6870Di2 ステム:PRO VIBE7S 130mm ハンドル:PRO VIBE7S コンパクト 420mm サドル:スペシャライズド パワー 143mm クランク:SHIMANO FC-6800 52-36 175mm スプロケット:SHIMANO 12-25 or 11-28 3.ホイール:MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH 2017

4.お気に入りorこだわりポイント: レースで使うので、壊れてもすぐに替えパーツが用意でき、比較的安価なメーカーであること、また、重量よりも信頼性で機材選びをしています。他にもレース車両に関しては、メンテナンスがし易いオーソドックスなフレームを選ぶようにしています。 ポジションを出すために、最も苦労したのがステムです。ジャイアントはコラムサイズが通常のものより太いので、使用できるメーカーが限られます。国内展開しているサイズは120mmまでなので、130mmステムは海外から取り寄せています。 ホイールは雨の日でも制動が良いと評判のマビックエグザリットにしました。独特の「キューン」というブレーキ音も個人的に萌えポイントです。 複数の自転車でも、ほぼ同じポジションが再現できるようにCADで作図して保存しています。

15970459_1024887394282631_1647595441_n15978547_1024887390949298_1432066807_n

〈マネージャー雑感〉

坂井さんも同じくジャイアントTCRです!ごく一部の方は「あれっ?こっちなんですか?」と思われたかもしれませんが(笑)坂井さんも言われているように信頼を置けるパーツ構成で固めており、何か不具合があっても対応できるようにしている所は、他ライダーの方にも十分参考になるのではないでしょうか⁉またこういうポジションシートを作っておくのも乗り換える際大変便利ですね❗❗しかしサドルの量が凄まじいです・・・。